グァルネリ・デル・ジェス1741/ネックの準備

スクロールも後は角を落として微調整するだけという状態になったので、だいたい仕上げた指板を簡単に接着してネックの整形に入ります。

とりあえず布地やマスキングテープで削ってはいけない箇所を保護します。

この布地、赤ちゃんの靴下なのです(笑)。大きさがスクロールにピッタリで、伸縮性があり、簡易的ですが、ゴム部分がちょうど良く留めていてくれます。スクロールにウェスを巻き、靴下を履かせると十分な保護材として機能してくれるので大活用しています。

_DSC0214
スクロールを傷つけないための養生は赤ちゃん靴下がピッタリ!

そして指板に沿って、傍の余分の箇所をのこぎりで落として整形に移ります。

_DSC0216
のこぎりの次はカンナで面を整えます

 

_DSC0220
ネックの丸まった形を作るために最初にすることは角を落とすことから。これもカンナの仲間で棒を削るためのものです。

このカンナでできる角落としは限度がありますが、こうして作ったアプローチがきっかけとなって、その後の削り加工が楽になります。ナイフでもできることですが、慎重に削らなければ起伏ができてしまいます。が、このカンナは無心に削れるので安心感が高いです。

だいたいの形ができてくればテンプレートの登場です。

_DSC0230
テンプレートを当てて様子を伺いながら進めます

ボディにネックをセットしてからヒール(付け根の丸くなっている部分)を加工しなければなりませんので、あと少しというところでストップしておきます。

_DSC0231
指板がついたこの状態のネックに棒を取り付けてオブジェにすればいいインテリアになりそうです!?

指板の脇をのこぎりで落とした状態でボディにセットしてネックの整形という手順を取っている場合が多いのですが、ボディにセットしてしまうと取り回しも悪くなって不注意からボディを傷つけてしまいますし、ヤスリやナイフなどのツールも使いにくくなってしまうので、セット前に80%ほどの加工をするようになりました。

 

ヴァイオリン製作販売ホーム

ヴァイオリン製作ブログ

ヴァイオリンのオーダーメイド

弓のリヘア

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中