ストラディヴァリ1715″Titan”/ヴァイオリン・ネック材の準備

今回のヴァイオリンに用いるネック用のメイプル材ですが、大きさがギリギリの材なので補助材を取り付けて加工出来るように準備しなければなりません。

十分な大きさの材であれば鉋掛けだけで整形できるのですが、往往にしてギリギリの大きさということがよくあります。そういう場合、足りない部分を補う板材を取り付けることによってネックの火口へと進むことができます。必要な部分だけメイプル材であれば良いので、一般的に行われている手法です。

%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3_%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%90_%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e6%9d%90
台形のメイプル材の両側面に板材を接着させます

墨入れ線をみてお分かり戴けると思いますが、補助剤が必要となる部分は中心線の両脇の線に相当するごく僅かな部分のみです。適度な厚みの板材がなかったので、不必要な労力ではありますが、仕方ありません。

%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%90%e7%89%87%e9%9d%a2%e7%b5%82%e4%ba%86
鉋で直角になるように削り加工を施しました

運動不足の解消のためにも鉋を掛け続け、ようやく片面が直角になりました。これを反対側にもするのかと思うと、集中力も途切れがちになってきたのでこの作業は翌日に回すことにしました。

%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e6%9d%90%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%be%8c
あれだけ厚みのあった補助材も本当に必要なのは僅かなものです

上の画像では右側がメイプルで左側が補助材ということがお分かりいただけます。これだけの面積のために重労働を行ったのですが、この部分が埋まっていないと切り出し時に傾いてしまうという結末も。。。それだけは避けたいものです。

木工では直角、直線、平面というのがとても重要なのですが、毎回、改めて意識します。

ヴァイオリン製作販売ホーム

ヴァイオリン製作ブログ

ヴァイオリンのオーダーメイド

弓のリヘア

One Reply to “ストラディヴァリ1715″Titan”/ヴァイオリン・ネック材の準備”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中