カリグラフィー作品展

美しい文字を追求し、カリグラファー(西洋書家)である西村弥生先生の工房、ボッテガヤヨ(BOTTEGA YAYO)さんの工房のカリグラフィー作品展示会に伺いました。

カリグラファーとして活躍し、工房では生徒さんにカリグラフィーの先生をされていて今回の展示会ではその生徒さんの方々の力作と西村弥生さんの未発表作品が展示されていました。

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a801
これまで未発表だった作品とカリグラフィー工房”BOTTEGA YAYO”(ボッテガヤヨ)の西村弥生先生
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a806
カリグラファー西村弥生先生の作品の一つ、青とシルバーが素敵でした

記念すべきことに今回の作品展は第1回目。今後の発展を願うと同時に楽しみにしています。
また西村弥生先生のカリグラフィーについての著書が台湾語に翻訳されて発売されているというニュースもあったり。西村弥生先生の著書

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a803
西村弥生先生の著書(上)と新たに翻訳発売された書籍(下)

生徒さんの方々の作品も素敵で、色々な時代のフォントのカリグラフィーが並んでいるため、その違いがよくわかったりも。
また装飾が丁寧に施されて1つの作品となっているのでどれもが魅力的な作品です。
オリジナルな作品から中世写本をそのままに再現したもの、それらの中には聖書の1ページもありました。

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a802
カリグラフィーの一つである紋章学についての説明を折りたたみ形式の書籍にした紋章の作品
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a805
様々なテーマ、フォント、形式で書かれた作品群
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a807
シンプルながらもエレガントな作品
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a808
こちらは素晴らしい装飾の聖書の写本
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a809
とても色鮮やかで温かさを感じさせられる聖書の写本
%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%99_%e3%83%a4%e3%83%a810
紋章学に基づいて構成された作者自身の紋章

願わくば私も習いたいものです。
カリグラフィーの歴史はとても古く数世紀の頃から色々な書体があるそうですね。
ヴァイオリンで考えるならアマティやストラディヴァリ、グァルネリ・ファミリーはどのような書体の書籍や書簡を読み書きしていたのだろう?と思いを巡らした一日となりました。

私のロゴ及びヴァイオリンのラベルは、西村弥生先生に手掛けていただきました。十分なヒアリングから丁寧にデザインしていただけたお陰でとても気に入っています。

 

ヴァイオリン製作販売ホーム

ヴァイオリン製作ブログ

ヴァイオリンのオーダーメイド

弓のリヘア

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中