ヴィヴァルディ/ 四季

5月の下旬にしてこの暑さには、本当に参ります。皆さまはアクティブな週末をお過ごしになられたでしょうか?

私はどちらかというと冬の方が大好きなので、毎年の夏の暑さにはやられています。10代後半から20代前半はサーフィンなど、夏の楽しみもありましたが今ではさっぱりです。

強い日差しに照らされて、なんとなくヴィヴァルディの協奏曲第2番ト短調RV.315「夏」(L’Estate)をYoutubeで閲覧していました。

最近、息をのむ感動に飢えていたのですが、とてもパワフルで研ぎ澄まされた室内楽と巡り会いました。弾き振りはアレクサンドラ・コヌノヴァ。

まずはご覧ください。ちなみに「夏」は10:05からです♬

 

アレクサンドラ コヌノヴァについて
アレクサンドラ コヌノヴァは、2012年秋、ハノーバーのジョセフ・ヨアヒム・ヴァイオリン・コンクールで優勝した際、聴衆を魅了し賞賛を得ました。
アレクサンドラは彼女の鮮やかなトーンと、ヴィルトゥオーソとして偉大でドラマティックな芸術の賞賛を審査員から受け、Hannoversche Allgemeine Zeitungは、「アレクサンドラがトーンに対して情熱を抱いている事が、音楽を創ることを可能としている。アレクサンドラのバッハのバロックダンスの解釈は、時には控えめでありながら、時には本当に踊りのような、あるいは、Bourréeのような、素晴らしい才能を持っている」ヨアヒムコンクールでの彼女の成功はナクソスでのCDデビューをも獲得している。

2014年は日本を含む世界各地にてツアーを敢行。

アレクサンドラは数々の受賞を受けており、ブカレストの2011年George Enescu Internatonal Violinコンクール、2011年Deutsche Strumentung Musik LebenのDeutsche Instrumenten-Musik Fondコンペティション、Tibor Varga(2010)、Ion Voicu(2009)など大会で大賞を受賞しました。 、アンリ・マルトー(Henri Marteau、2008年)。

また、アレクサンドラは彼女は高いレベルのソリストとして自身を確立しており、ミュンヘナー・カンメルチェスター、ホファー・シンフォニカー、サンクトペテルブルク・エルミタージュ・オーケストラ、NDRラジオ・フィル、ロシア国立国際音楽院、ベラルーシ国立フィル、ノルデュトゥッチ・フィル、ロストック、ヴェルビエフェスティヴァル・チェンバー・オーケストラなどのオーケストラと共演。彼女はChristfriedGöckeritz、Ilarion Ionescu-Galati、Alexandru Lascae、Hannu Lintu、Juhanni Numminen、Patrick Strub、Gabor Takacs-Nagy、Johannes Wildner、Niklas Willenなどの指揮者とコラボレーションしています。

Conunovaさんの現在のコンサートには、モントルーの “Septembre Musical”、ボンのベートーベンフェスティバル、Elmau Schlossなどのソロリサイタルがあります。彼女はエクス・アン・プロヴァンスの「Festival dePâques」、ザールブリュッケン交響楽団、ニュルンベルク交響楽団で演奏する。彼女はまた、2014年に日本と韓国でツアーする予定です。

ブカレストの2011年George Enescu Internatonal Violinコンクール、2011年Deutsche Strumentung Musik LebenのDeutsche Instrumenten-Musik Fondコンペティション、Tibor Varga(2010)、Ion Voicu(2009)など大会で大賞を受賞しました。 、アンリ・マルトー(Henri Marteau、2008年)。

彼女は高いレベルのソリストとして自身を確立しています。彼女は、ミュンヘナー・カンメルチェスター、ホファー・シンフォニカー、サンクトペテルブルク・エルミタージュ・オーケストラ、NDRラジオ・フィル、ロシア国立国際音楽院、ベラルーシ国立フィル、ノルデュトゥッチ・フィル、ロストック、ヴェルビエフェスティヴァル・チェンバー・オーケストラなどのオーケストラと共演。彼女はChristfriedGöckeritz、Ilarion Ionescu-Galati、Alexandru Lascae、Hannu Lintu、Juhanni Numminen、Patrick Strub、Gabor Takacs-Nagy、Johannes Wildner、Niklas Willenなどの指揮者とコラボレーションしています。

アレクサンドラはまた、献身的な室内楽のミュージシャンです。 2009年、Staatskapelle BerlinとConunova Quartetの主要クラリネットであるHeiner Schindlerを含むBrahmsとMozart Quintetsの第1室内楽CDがリリースされました。アレクサンドラは、新しく成立した「Arts Global String Quartet」のメンバーになりました。彼女は、卓越した若手アーティストの育成、育成、育成を行うArts Global Artistic Foundationの支援を受けています。

彼女は最近、ヴェルビエフェスティバルアカデミー2013の最も熟練したアーティストのJuliusBär賞を受賞しました。この賞には、2014年または2015年のヴェルビエフェスティバルの公式プログラムでのソロリサイタルが含まれます。

アレクサンドラは1988年モルドバ共和国で生まれ、6歳でバイオリンを手にしました。 彼女はハノーファーの音楽、演劇、メディアの大学でクルシシュトフ・ウェグルン教授と学び、ボリス・クーシュニール、ミハラ・マーティン、イブリ・ギトリス、イゴール・オイストラフからレッスンを受けました。 彼女は “Deutsche Stiftung Musikleben”に親切にも貸与された1735年、VeneziaのSanto-Seraphin Violinを演奏し、彼女はスイスのヴヴェイに在住しています。

詳細については、Connova氏の個人ウェブサイト(www.conunova.com/en)をご覧ください。

これから目が離せないですね♬

 

home

blogtop

custombuilt

rehairing

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中