ストラディヴァリの木型

久々のブログ更新です。

昨年末は次から次へと電子機器が寿命を迎えてしまい、総入れ替えをしました。かれこれ10年は使えたので、現在の一般的なサイクルから考えると長持ちした方だと思いたいものです。

“ストラディヴァリの木型” の続きを読む

アントニオ・ストラディヴァリ 1716 “メシア/メサイア” モデルの完成と旅立ち

2017年10月より手掛けていたアントニオ・ストラディヴァリ 1716 “メシア/メサイア” モデルが最終調整を終え、無事に完成いたしました。

“アントニオ・ストラディヴァリ 1716 “メシア/メサイア” モデルの完成と旅立ち” の続きを読む

ヴァイオリンの歴史的コンセプト

先月、製作を終えたストラディヴァリのメシアが完成しました。完成直後に貸し出しとなり、非常に良い評判をいただいております。いかなる内容であれ『フィードバック』は貴重であると同時に励みになり、製作の原動力となります。
今後もヴァイオリンのみならず楽器についてのさらなる見識を深め、製作へ活かすことが出来るよう精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

“ヴァイオリンの歴史的コンセプト” の続きを読む

ネック・スクロール、そしてヴィオラのエクステンデッド・ナットについて

2018年の幕開けはスクロールから。渦巻きの加工には気を配る部分が多く、頭の中まで渦巻いてしまいます。今回も製作の雑記ですがお時間があればお付き合いください。

“ネック・スクロール、そしてヴィオラのエクステンデッド・ナットについて” の続きを読む