ストラディヴァリ1715″Titan”/ バスバー (力木)

表板の裏側のG線側の真下に位置する棒状のパーツ、バスバーを接着し、整形しました。
バスバーはイタリア語で”Catena”、英語で”Bass Bar”、日本語では”力木”とされています。
イタリア語では「チェーン」の意味で英語では「低音側の枕木」日本語では支えるという意味合いがあるような印象です。

“ストラディヴァリ1715″Titan”/ バスバー (力木)” の続きを読む