ヴァイオリン工房 Il Violino(イル・ヴィオリーノ)

 

A table, a chair, a bowl of fruit and a violin;

what else does a man need to be happy?

Albert Einstein

icon
2014年撮影

冒頭ではアルバート・アインシュタインの言葉を引用いたしました。

「テーブルに椅子、一盛りの果実。
そしてヴァイオリン。
一人の人間を幸せにしてくれるものが、
他に何があろうか。。」

ヴァイオリン、誰しもがその音色を想像できます。
柔らかく甘美に、時には激しくもあり、また哀愁をおびることも。

時に、私は人の持つ心(こころ)にヴァイオリンの音色との共通点を見出します。
とても複雑な、心のうつろい。
幸せを感じる時には喜びも同居し、僅かばかりの焦燥感はスパイスとなって感情を肥大化させます。

ヴァイオリンの音色には一言では表せない複雑さがあり、それが一層と魅力を引き出しているのではないでしょうか。

それゆえ名演を聴いてしまうと、散りばめられ、積み上げられてゆかれる1つ1つの音が「こころ」に呼応するように共鳴し、自然と雫になるのではと感じずにはいられません。
自分の意思とは関係なく、衝動的に引き起こされる感動です。
そしてその感動の積み重ねは感性を磨き、自己の魂を昇華させてくれると信じております。

アルバート・アインシュタインはヴァイオリンの愛奏者としても知られています。
きっとヴァイオリンを通じて人とこころを通わせたり、時には自分自身と向き合っていたのではないだろうかと、冒頭の言葉から感じずにはいられません。
前置きが長くなってしまいましたが、
私は埼玉県の春日部にてヴァイオリンを製作/販売/オーダーメイドを承っている松江世次(マツエセイジ)と申します。

私もヴァイオリンに魅了された1人であり。理想を形に、常に前を見つめてという想いを持ってヴァイオリンを作っています。

このウェブサイト内の閲覧については画面右上にクリックタイプのメニューがありますので、どうぞごゆっくりとご観覧くださいませ。

また、工房は埼玉県春日部市なので越谷、さいたま市、浦和などからのアクセスも便利となっていますのでお気軽にお越しください。

ヴァイオリン製作
松江 世次 (Matsue, Seiji)

ヴァイオリン作家/松江世次
ブログへはこちらから

ヴァイオリン 調整/リペア

1

ヴァイオリン工房 IL VIOLINO(イル・ヴィオリーノ)ではお客様の大切な楽器の状態をお客様のご要望に適うものとなるようにヴァイオリン、ヴィオラの調整及びリペアも承っております。

3

「楽器の健康状態が気になる場合」はもちろん、「質問したいこと」「ご所有の楽器について注意した方が良いこと」などの「わからない」ことなどもお尋ねください。同様にリペアが必要な場合もお気軽にご相談くだされば、状態を拝見してからプランを立ててご提案させていただいております。

また調整・リペア後の細やかなご対応もさせていただいております。※下記リストはヴァイオリンのリストとなります。

駒・魂柱・糸巻・指板

  • 駒交換 ¥ 6,000
  • 駒交換(1/2以下の分数) ¥ 5,000
  • 駒交換(高品質駒) ¥ 8,000
  • 駒調整 ¥ 1,000~
  • 魂柱製作 ¥ 5,000
  • 魂柱調整・立て直し 応相談
  • 糸巻交換(1本) ¥ 2,000(工賃となりペグは実費)
  • 糸巻調整(1本) ¥ 500~
  • 糸巻ブッシング(1本) ¥ 10,000
  • 指板削り(1部) ¥ 6,000~
  • 指板削り(全体) ¥ 10,000
  • 指板はがれ接着(一部) ¥ 2,000~
  • 指板はがれ接着(全体) ¥ 8,000
  • 指板交換(ナット含まず) ¥ 20,000
  • ナット交換(上下同価格) ¥ 4,000

リペア
リペアにつきましてはそれぞれの楽器の状態によってリペア費用の変動が 見込まれますので、ご相談のほどよろしくお願いいたします。 下記のリス トは参考価格と捉えていただけますようお願いいたします。

  • 継ぎネック(指板は別途) ¥ 80,000~
  • ネックリセット(駒交換 は別途) ¥ 36,000
  • オープン表板 ¥ 50,000
  • オープン裏板 応相談
  • バスバー交換 ¥ 50,000~
  • サウンドポストパッチ ¥ 80,000
  • ネック上げ(指板アン ダー木ピース製作※駒交) ¥ 20,000
  • エンドピンブッシング ¥ 6,000
  • 欠け・割れ修理 応相談
  • 剥がれ修理 ¥ 1,800~

 

 

ヴァイオリンのオーダーメイドについて

1

オーダーメイド、、、いわゆる受注生産を意味しますがとても重い意味を連想されるかと思います。

♬希望が実現されるのか?
♬想像していた音色、響きになるのか?
♬演奏性は?
♬完成後、依頼した手前断りにくい。

などなど、悩みや不安は尽きません。
一例としてオーダーメイドの流れをご説明いたします。

2

オーダーメイドのメリット
ではここでオーダーメイドのメリットとはどのようなものなのかご案内いたします。
店頭にて展示されている楽器がそれぞれの個性を持っていると同時に、多様さ故からどれを選んで良いのかがわからなくなってしまう事もありますし、ご自身の演奏環境に沿ったものであるのかという不安も心の何処かにあるかもしれません。

ご自身のイメージする外観と好みの音色がぴったりと一致する場合は幸運ですが、必ずしもその通りになるとは限りません。自分自身の楽器を求め続けることにも楽しみがありますが、楽器を育てることも同様に楽しみがもたらされます。
永く付き合う楽器だからこそ、心から演奏する喜びを共有させてくれる楽器が理想的ですね。

当工房では理想的なアウトラインのヴァイオリンをヒアリングし、モデルをご提案します(もちろんモデルのリクエストも承ります)。
モデルの選定後、オーダーメイドの音響的な利点になりますが、お客様の演奏環境(ホールで演奏、オケでの演奏、室内楽や自宅での演奏)をお聞きし、その環境に適した音質を提供できるように努めています。
芯の強い音色が優先される場合がある反面、室内楽が中心の場合もあるでしょうし、ご自宅での演奏が中心となる場合も考えられます。そのような場合は強すぎず、やや柔らかい音色が良い場合もあります。
また演奏の熟練度によっても音を出しやすい楽器、またそうではないものなど奏者によって大きく変わります。
また身体的な特徴から細めのネックが良い場合ややや厚めのネックが良い場合も考えられます。

3

共に創り上げる喜び
製作の最初からお付き合い戴くことで随時ご相談/ご案内/微調整する事が出来ますので、より理想の楽器を生み出す事ができると考えています。
また不慮のアクシデントの際についても工房には楽器のデータが残っていますし、その楽器の端材が残っている場合もあります。
そのようなリペアの点でもメリットがあるかと考えています。

さて、ここで流れのご説明となります。

1. ご相談 (面談、電話、メール、スカイプなど)

2. モデルの決定 (基となる資料がない場合、お時間がかかります)

3. 木材の選定 (使用木材をお選びいただく場合は価格変動の可能性があります)

4. 製作開始 (随時画像にてご報告やご相談)

5. ニスを施す前のホワイト・ヴァイオリンを演奏してみたい場合は当工房内にて試走していただけます。ニス前とニス後の違いを楽しむことができますのでオススメです。

6. ニスの硬化後にディスカッションを行い、その内容を基にセットアップいたします。ご判断 (各種調整を施しても、この時に理想のものと違っていればご購入のご辞退をお申し出ください)。また試奏期間として2週間を設けておりますので、その期間内で調整を突き詰めるか返金とするかをご決定ください。

4

具体的には?
モデルを検討するといっても手にとってみるということがないのでご不安があることは承知しております。当工房では紙面データやデジタルデータをご用意していますのでお好みの楽器が見つけることができるように準備しています。例として紙面データでは次のようなモデルがあります。

Alexandria Gagliano ~”Rotondo” 1710
Antonio Stradivari ~”Viotti” Violin 1709
Antonio Stradivari ~”Titian” Violin 1715
Antonio Stradivari ~”Messiah” Violin 1716
Antonio Stradivari ~”Kruse” Violin 1721
Carlo Giuseppe Restore ~Violin 1703
Carlos Bergonzi ~Violin 1736
Domenico Montagnana ~Cello 1740
G.B. Guadagnini ~Viola 1785
Guarneri ‘del’ Gesù ~”Plowden” Violin 1735
Jose Contreras ~Violin 1767
Nicolas Lupot ~Violin 1808

実寸大の資料
実寸大の資料

デジタルデータではより幅広く、豊富なモデルが揃っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

♬ 選択の余地を増やすためにも2本同時製作いたします。政策期間はニスの硬化が関係しますので1年強とご予定してください(ニスの状態によってはそれ以上かかる場合もございます)。
♬スカイプ経由にて作業をリアルタイムで観ていただくことも可能です。
(その場合はお客様のご都合の良い時間帯に合わせて製作を進めます、なお当方のスケジュールなどの理由によって合わせることのできない場合はリスケジュールをお願い致します)
ネックの作業に入った際には来訪していただくこととなりますが、随時グリップ性を確認していただけます。

<<重要>>
♬ヴァイオリンとしての機能性、楽器の性能を保持するために、極端なリクエストはお断り
いたします。(ネックを長く或いは幅を広くしたい、横板の高さをもっと持たせてほしい、
低く薄くしてほしい等)
♬その場合には創作楽器としての扱いとさせていただくことをご了承のほど、
よろしくお願いいたします。


楽器とは演奏者と共に創り上げてゆくものと考えています。お受け渡し後、
1年間は無料にて調整させていただきます。

♬ヴァイオリン / おおよそ¥700,000~

まずはお気軽にご質問/ご相談等お問い合わせくださいませ

ご興味のある場合はFAQもご参照ください。

関連記事: トーンウッドの比重

関連記事: デジタル音源

ヴァイオリン作家/松江世次

 

ホームアイコン

 

新着情報

ボガーロ&クレメンテ・フィッティング入荷のお知らせ♬

ボガーロ&クレメンテ・フィッティングが入荷いたしました。
今回の入荷は2点です。
♬ボックスウッドとアイボリー(骨材)装飾の組み合わせ
♬ペルナンブーコとボックスウッド装飾の組み合わせ
詳細はブログにてご一読いただけます。フィッティングのページはこちらです。

ボックスウッド*アイボリー装飾
ボックスウッド*アイボリー装飾

♬ボックスウッドとアイボリー(骨材)装飾の組み合わせ
ペグ: ハート
テールピース: ヒル・タイプ
顎当て: ガルネリ・タイプ
¥65,489- (税別、別途インストール費用が掛かります)

 

ペルナンブーコ*ボックスウッド装飾
ペルナンブーコ*ボックスウッド装飾

♬ペルナンブーコとボックスウッド装飾の組み合わせ
ペグ: ハート
テールピース: フレンチ・タイプ
顎当て: ガルネリ・タイプ
¥58,534- (税別、別途インストール費用が掛かります)

 

ストラディヴァリ1698”Joachim”が完成しました♬

ブログで製作を公開していたストラディヴァリ1698”Joachim”が完成し、セットアップが終わりました。1700年から1720年のストラディヴァリ黄金期直前のロング・パターンと呼ばれる細く長いボディが特徴です。

つきましては試奏して戴く事ができるようになりましたので、お気軽にお問い合わせください(試奏希望日や楽器の詳細、また価格についてなど)。オーダーメイドで仕上がるヴァイオリンの音色の参考にもなります♬

ストラディヴァリ1698”Joachim”が完成しました♬
ストラディヴァリ1698”Joachim”が完成しました♬

 

ストラディヴァリ1715”Titan”が完成しました♬

ブログで製作を公開していたストラディヴァリ1715”Titan”がニスの硬化も完了し、無事にフィッティングを終えました。つきましては試奏して戴く事ができるようになりましたので、お気軽にお問い合わせください(試奏希望日や楽器の詳細、また価格についてなど)。オーダーメイドで仕上がるヴァイオリンの音色の参考にもなります♬

ストラディヴァリ1715"Titan"
ストラディヴァリ1715″Titan”

 

 

ヴァイオリン作家/松江世次

ホームアイコン

オーダーメイド

Blog