乾燥の季節ですね

久しぶりの投稿になります。夏も終わりを迎え、秋の味覚が楽しめる季節となりました。と同時にこれまでとは湿度の変化も迎えることとなります。夏の70%以上から今は50%台となり、楽器には大きな変化を与えます。

ご存知の通り、ヴァイオリン族に用いられている接着剤は膠(ニカワ)なので湿度と温度によって楽器の変化に対して柔軟に適応しますが、急激な変化にはもちろん耐えられません。夏場の高温時は膠が水分を含むためとても柔らかくなり注意が必要ですが、冬の乾燥時は膠の水分が抜けるため衝撃にとても弱くなります。

お子様の楽器の扱いに不測の事態は避けられません。少し落としただけでも環境によっては剥がれが発生したりも。。

今回は指板の剥がれのリペアでした。落としてしまったと言うことなので表板・裏板・横板などの剥がれも心配したのですが幸いにも剥がれは発生しておらず、作業は指板の接着のみでした。

repair_fingerboard
分数ヴァイオリン指板の剥がれをリペア。ボディのクリーニングも行い見違えるようになりました。

練習のこともあり、早急に取り掛かった次第です。

これからだんだんと湿度が低くなってまいりますので、どうぞお気を付けください。

リペアなどに関することもお気軽にお尋ねくだいさい。
状態ご予算をご説明いただけますと対処法などをご回答いたします。
まずはお気軽にどうぞ。

ヴァイオリン製作販売ホーム

ヴァイオリン製作ブログ

ヴァイオリンのオーダーメイド

弓のリヘア

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中